草デン土 施工手順

前工程

「草デン土」の出来上がり、耐久性は前工程(路盤)の良否で決まります。
丁寧、確実に行って下さい。

  1. 施工する場所を除草します。
  2. 「草デン土」の施工厚さ分をすき取りします。
  3. 軟弱な地盤の場合はバラスを敷き込み、ランマー等で十分に墳圧します。
    (地盤の状況によって同化材、客土、クッション砂なども併用して下さい。)
  4. 水勾配、排水を考慮した上で平滑に均します。

施工(敷き均し)

施工に必要な量の「草デン土」を準備します。

施工厚さ 3cm 5cm
使用量 2.2袋/㎡ 3.7袋/㎡
1袋の容積=13.5リットル/袋

「草デン土」を施工場所に所定の厚さに敷き均します。

  1. 施工面積と施工厚さで割出した必要量の「草デン土」を開封し、所定の厚さに敷き込みます。
  2. スコップ、レーキなどを使って粗均します。
  3. 定木(真直ぐな板で可)や木鏝などを使って締め固めながら平滑にします。

施工(散水)

草デン土」は水と反応して硬化します。
必ず規定量の水を散水して下さい。

  1. 規定量の清浄な水を用意します。2.4~2.6リットル/袋
  2. 準備した水をジョロで均等に散水します。
    散水は一度で行っても良いのですが、均一性を欠き易いので、二度に分けて行うことをお奨めします。
    二度目の散水は一度目に散水した水が浸透し、歩行できる状態になって行って下さい。
 

草デン土 取扱店

有)Sense (株)ティーエス TS